himac APPLICATION
No.76 MARCH 1997
  • 機種:日立小形超遠心機CS150GX用S150ATアングルロータ
  • S150ATアングルロータにより株化細胞由来RNAを1.75時間で分離した例

株化細胞由来RNAの分離は、主なマニュアルではスイングロータにより一晩程度、超遠心を行う手法が一般的でした1)
それに対して、小形超遠心機とそのロータであるRP120ATアングルロータの応用により、RNA分離の遠心時間を2.5時間まで短縮できることを示してきました2)
そして、今回、新たに開発された最高150,000rpmまで回転できる小形超遠心機CS150GXにより、この遠心時間のさらなる迅速化を検討しました。その結果、遠心時間をこれまでの2.5時間から1.75時間まで迅速化することができました。
また、得られたRNAの電気泳動やRT-PCRの実験結果から、従来と同等の分離が可能なことが示されました。

1. 実験結果

2. 実験方法

(1) 遠心条件

ロータ 回転速度 遠心時間 温度 Accel. Decel.
S150AT
アングルロータ
150,000rpm 1.75時間 20ºC 5 7

(2) チューブ

2PAシールチューブ

(3) 実験方法

(1) Cell pellet(5〜10×106 cells)
(2) 4M GTC 1〜1.5ml, Vortex
(3) 5.3M CsCl sol*0.8ml上に重層
(4) 超遠心分離
(5) Bufferに溶かしエタノール沈殿
*5.7M CsClでは遠心中に結晶が析出し、RNAを分離できない場合があります。

  • (参考文献)
  • 1) Sambrook J., et al. : Molecular Cloning : Cold Spring Harbor Laboratory (1989).
  • 2) himac APPLICATION No. 40(1992).
  • 3) himac APPLICATION No. 79(1997).