Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

生物多様性の保全にかかわるガイドライン

日立工機グループは、以下のガイドラインに沿って「生物多様性の保全」を推進します。

愛知目標 行動指針
目標1 普及啓発 人々が生物多様性の
価値と行動を認識する
生物多様性を保全することの重要性が広く認知されるように、従業員への生物多様性に関する教育を積極的に推進する。また、取組み状況の情報発信やステークホルダーとの連携を通して、社会の意識向上に貢献する。
目標4 持続可能な
生産と消費
すべての関係者が持続可能な
生産・消費のための計画を実施する
持続可能な生産及び消費の実現に向け、各ライフサイクルステージにおいて、自社の生産活動やサプライチェーンも含めて以下の活動を積極的に推進する。
■低炭素社会実行計画に則した取組みの推進
・生産プロセスにおけるCO2排出抑制の継続的取組み
・低炭素社会の実現に資する製品・サービスの供給
■環境自主行動計画(循環型社会形成編)に則した取組みの推進
・廃棄物最終処分量の削減
・3R(リデュース・リユース・リサイクル)活動
■直接的に生物多様性保全に資する取組みの推進
・生物多様性に配慮した原材料調達など
目標5 生息地の破壊の
抑止
森林を含む自然生息地の損失が少なくとも半減、劣化・分断が顕著に減少する 生息地の保護ならびにその劣化と分断を低減するために、生物多様性に配慮した事業所の緑地管理や社会貢献活動、周辺地域における生態系ネットワークの構築などを積極的に推進する。
目標8 化学物質などに
よる汚染の抑制
化学物質・肥料・農薬の汚染を有害でない範囲まで抑える 生態系や生物多様性にとって有害な汚染を防止するため、グローバル視点で化学物質の適正管理に努め、生態系への悪影響を積極的に抑制する。
目標9 外来種 侵略的な外来種を制御し、
または、根絶する
侵略的外来種による影響を防除するため、主に製品の輸送時や事業所の緑地管理、社会貢献活動などにおいて、侵略的外来種の駆除や侵入の防止、ならびに意識啓発を積極的に推進する。
目標11 保護地域の保全 少なくとも陸域の17%、海域の10%を保護地域などにより保全する 生物多様性にとって重要な保護地域の面積拡大のため、社有地や事業所における保護地域に資する生物多様性に配慮した緑地管理や、社外の保護地域における保全活動を積極的に推進する。
目標14 生態系サービス 自然の恵みをもたらす生態系が回復・保全される 生態系サービスが持続可能な形で利用できるように、生態系の保全・回復活動を積極的に推進する。
目標19 知識・技術の
向上と普及
関連する知識・科学技術を
改善する
生物多様性に関する知識、科学的基盤、及び技術の向上を目指し、情報通信技術を使ったモニタリング技術の開発と普及、生物多様性モニタリングによるデータ蓄積などを積極的に推進する。

※「電機・電子業界における生物多様性の保全にかかわる行動指針」より引用


緑地の保全

桜並木(勝田工場)
各事業所では、種々の野鳥が集まる自然林を残し大切に維持管理しています。 勝田工場では、常緑樹・落葉樹約1,700本の樹木を大切に育成しており、構内道路の両側及びグランドの周囲には、合計約600本の桜を植えております。
また、老木から若木へ世代交代も計画的に実施しており、2015年度は8本、2016年度は11本の植替えを行いました。

植生調査の実施

当社はこれまで、構内樹木の維持管理や野鳥の観察等、出来る範囲で保全活動を実施してきました。
しかし、将来に向けた生物多様性及び生態系の保護活動は、企業においても重要であると考え、まずは敷地内の実態調査を進めました。 その第一段階として、2016年5月に勝田工場構内の自然林(2haのうち約半分)の植生調査を実施したところ、52種類の植物を確認することができました。
今後は、今年度新たに制定した「生物多様性の保全にかかわるガイドライン」を基に、実態調査を進めながら、あるべき姿を模索してゆきます。
更には当社従業員の意識向上を図り、会社だけでなく地域での環境保全活動にも参画し、役立ててゆきたいと考えております。

植生調査のようすと群生するキショウブ

野鳥の生息実態調査

2012年度からは工場構内での野鳥の生息実態調査を実施しており、これまで勝田工場、佐和工場の構内で、ヤマガラ、オナガ、アカゲラ、コガラ、キジなど合計28種類の野鳥が観察されました。
今後、野鳥と樹木との関連など、さらに調査を続けていきます。

勝田工場のアカゲラと佐和工場のキジ