Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

リチウムイオン電池

日立工機では、リチウムイオン電池の「エネルギー密度が高い」、「自己放電が少ない」などの特性に、日立工機独自の技術を付加し、環境に配慮したリチウムイオン電池の技術開発を行っています。 リチウムイオン電池はエネルギー密度が高いことから、電池自体を軽く、小さくすることができ、これに、日立工機独自の最適化設計をプラスして、製品全体としても小型、省材料化を図っています。 また、リチウムイオン電池は自己放電が少ないことから、長期間、エネルギーを無駄なく有効に活用することができ、また有害なカドミウムを使用していない地球環境に配慮した電池になっています。

日立工機独自の「電池多重保護回路システム」により、高い安全性と長寿命化を実現

日立工機が独自に開発した「電池多重保護回路システム」は電池に無理がかからないように、電池の「過負荷」、「過放電」、「過充電」を監視するものであり、しかも、その監視はセル毎に行っており、高い安全性と長寿命化を実現しました。
日立独自の「電池多重保護回路システム」により、高い安全性と長寿命化を実現

「最適充電システム」により、短時間充電と長寿命化を両立

「最適充電システム」により、電池の種類と充電状態を判別し、その結果、最適な条件で充電できるようにすると共に、冷却ファンと最適風路設計により、短時間充電と長寿命化を両立することができました。この結果、充放電回数も大きく伸ばすことができ、長く使える、環境に配慮した電池にすることができました。

リチウムイオン電池搭載したコードレス製品

リチウムイオン電池搭載したコードレス製品