Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

当社の「教育」の基本は、職場におけるOJTにおいています。
仕事で必要な知識や技能はOJTによって実践的に学んでいきますが、ビジネスのプロとして必要な資質はそれだけではありません。
例えば、プレゼンテーションする技術や新しい事業を開拓していくのに必要な創造力は、理論に基づいた教育で身に着けていくほうが成果はあるものです。当社ではすべての社員を対象にさまざまなスキルアップ研修を実施しています。

日立工機の人材教育

新人社員・若手層

就職にあたり会社の教育・研修制度に深く関心を寄せられている方が多いと思います。 ここでは、皆さんに関わりの深い新入社員研修の流れをご紹介いたします。

全体研修

入社式後より、約1ヵ月間の日程で当社の一員として活躍していただくため当社の理念や行動指針、会社規則、安全衛生、環境への取組み、情報セキュリティなどを理解していただきます。 また、メーカーの一員になったと実感していただくためのプログラムとして、モノづくりを体験する工場実習と当社製品の販売実習を経験していただきます。

職能別基礎教育

全体研修終了後は、配属先でそれぞれの専門スキルを高めていただくため次のプログラムが用意されています。
例えば、
  ※開発系では、材料力学、振動騒音工学、CAD解析など
  ※営業系では、営業の基礎、電動工具の基礎知識、故障診断法など
  ※管理系では、決算書の見方、財務の基礎、関係法規など
また、先輩社員によるOJT(実務指導)が継続的に行われ自立に向けた教育が行われます。

新人社員研修

中堅層

中堅社員研修では、それぞれの分野のプロフェッショナルとして成長していけるよう「ビジネススキル研修」を中心に取組んでいます。

ロジカルコミュニケーション教育

論理的な発想法とともに論理的にまとめる情報整理法を習得しコミュニケーションスキルを高め、高効率な業務推進を図ります。

グローバル人材教育

語学力の向上と異文化理解を目的に、一定期間海外での実務経験を積むことでグローバルに活躍できる人材の育成を目指しています。また、国際ビジネスの基礎を習得しグローバルリーダーの育成を図ります。

BMP研修(Basic Management Program)

「他者との信頼関係の構築」「仕事の遂行」「就業管理」「メンバーの育成」など技師・主任の役割と心構えをグループワークで実践的に学び、技師・主任としての自覚と役割を習得します。また、関連教育として労働法、輸出管理、コンプライアンス、内部統制など業務遂行に必要不可欠な基礎知識の習得を図ります。

管理職層

当社の管理職研修の狙いは、「マネジメントスキル」を高め変化する企業環境、職場環境に柔軟に対応できる実践的な管理力を養成することに取組んでいます。

新任課長研修

管理職としての実務を理解し組織の活性化を図るため、「B/S、P/L」「キャッシュフロー経営」「内部統制」「輸出管理」などを習得します。

EMC研修(Effective Management Course)

経営マインドの醸成を目的に「交渉スキル」「意志決定トレーニング」「リーダーシップのブラッシュアップ」など管理技法を習得します。

経営シミュレーション研修(Management & Leadership Program)

戦略・マーケティングの知識・スキルをブラッシュアップします。
事業戦略を立案・遂行するために必要なリーダーシップを理解し意志決定トレーニングを実践演習します。



Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。