Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

これが私の仕事

現在、1年間の新人研修期間で関連部署での実習中です。誰がどこでどのような業務をしているかを学び、今後のITシステムの開発に活かしていくのが狙いです。
研修では、業務内容を知るだけでなく実際に業務も行います。調達・物流・営業などのスタッフ部門から設計といったライン部門まで訪問部署は多岐にわたります。12月までに調達・設計・物流の3つの部署でお世話になりました。2か月単位で研修先が変わる度に1から業務を理解することは大変ですが、様々な人と出会えるのがこの研修の面白いところです。
同じ会社でも人によって考え方は違って、一つの業務やシステムについての見方も十人十色であることを知ることができました。この体験を今後のシステム開発に活かしていきたいです。

だからこの仕事が好き!

常に新しい仕事に出会える事です。業務システムを開発・改善していくには社内ユーザーについて知る事が重要です。社内ユーザーを知るため、研修で各部署を回り毎日新しい事をやらせてもらっています。毎日が知らないことだらけで好奇心が尽きる事がありません。
同じ部や課でも担当する業務内容によって使っているシステムやデータ・書類などいろいろと異なるため業務についての説明を聞いたり体験することで未知の新しい仕事に出会えます。新しい仕事に出会い理解に時間がかかる事もありますが、新しい事を多く知るということは今後の仕事もそれだけ多くの事を考慮して行う事ができるということなので、一つ一つを確実に理解するよう努めています。
今後続く研修でどのような仕事と出会えるのか、今から楽しみです。

ズバリ!私が日立工機を選んだ理由

私が日立工機を選んだ理由は、3つです。

(1)海外に挑戦できる
漠然とではありますが、海外に挑戦してみたいと考えていました。電動工具の国内シェア2位・世界シェア4位であり生産量・販売量ともに国内よりも海外のほうが多いため世界に挑戦できると考えました。
(2)小さ過ぎず、大き過ぎない
グローバルなメーカーであるにも関わらず、従業員はそれほど多くなく少数精鋭の会社です。その方が従業員の多い大企業よりも色々な人と出会いいろいろな事を学べると思ったからです。
(3)直感です
私は、メーカーでSCM(サプライチェーン・マネジメント)に携わりたいと考えていました。最終面接でSCM構築を手掛けてほしいということを熱く語っていただき「ここなら!」と直感で感じたからです。

これまでのキャリア

(調達) (設技) (物流)の3部門の研修を受講しました。
部門の異動はありません。

先輩からの就職活動アドバイス!

ついこの間まで就活を行っていた身で偉そうな事は言えませんが、一つアドバイスするとしたら自分にウソをつかないことです。就職する回数は人によって異なりますが新卒で就職するのは人生で一回しかありません。一回しかない貴重な経験を無駄にしないよう、自分が何を考え、何をしたいかを素直に受け止め、決して自分にウソをつく事なく就職活動を行ってください。そうすれば、自分にとって良い就職ができると思います。その良い就職をした結果が弊社であったら非常にうれしく思います。