Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

  • インパクトレンチ
  • WR14VE/WR16SE
  • 二重絶縁
ACブラシレスモーター搭載、土台緊結皿座金の締付けにも対応
インパクトレンチ
  • ACブラシレスモーター
  • 最大トルク:250N・m
    WR14VE
  • 最大トルク:360N・m
    WR16SE
形名 希望小売価格
(消費税別)
備考
WR14VE ¥ 46,500 ケース付・5mコード
WR14VE(SC) ¥ 48,000 ケース付・10mコード
WR16SE ¥ 59,500 ケース付・2.5mコード
  • 操作性に優れたコンパクトボディ
ブラシレスモーターにより、大幅な小形・軽量化を実現しました。
取り回しが良く、効率良い作業ができます。
当社従来品の全長に比べ、WR14VE:−38mm、WR16SEは:−32mm小形化
当社従来品の質量に比べ、WR14VE:−0.2kg、WR16SE:−0.3kg軽量化
  • 電圧降下に強い特許
電源・負荷状態を常に検知し、継ぎコード使用時でも安定したトルクを発揮します。

●締付トルクの減少率
   テスト条件※:継ぎコード100m (導体公称面積2.0mm2の継ぎコード50m×2)
※テスト条件は、本機の性能説明のためのものです。ご使用の際には50m以下のコードをご使用ください。
トルク減少を約マイナス7.0%に抑え、電源から離れた場所でも高効率で作業ができます
  • メンテナンスフリー
カーボンブラシの交換不要。 モーター長寿命・メンテナンスフリーです。
  • ソフトスタート・ブレーキ付
ソフトスタート・ブレーキ付起動・停止時の反動を抑えます。
  • 用途に合わせて打撃力(締付力)を切替可能
日立独自の強弱切替機能により幅広い作業に対応します。
強弱切替機能で作業に合わせて4段階に切り替えができます
  • エンジン発電機使用可能
  • 新トリガ採用
  • タンブラ式正逆切替スイッチ特許出願中(WR16SE)
正転と逆転の切替えが素早く行えます。
  • 軽く・なめらか
  • 電子式スイッチ(WR14VE)
軽い引き力で微調整がしやすい電子式スイッチを採用。また、電流負荷が少なく長寿命です。
  • 機体を保護するバンパ&ハウジングプロテクタ
機体を保護するバンパ&ハウジングプロテクタ
  • 滑りにくく手にフィットするソフトグリップ
  • 木造住宅基礎金物 土台緊結皿座金の締付けにも対応
土台緊結皿座金説明付カタログ(PDF形式:1130KB)
土台緊結皿座金とは、座金とナットが一体化した金物で、アンカーボルトの締め付けに使用します。
座金部の裏についた削り刃が締付けと同時に木材を削って土台に埋まり、フラットな仕上がりになります。
※土台緊結皿座金の形状、締付け方法は各メーカーにより異なります。

  • 製品2年保証(ACブラシレスモーター搭載製品)
ACブラシレス製品2年保証 保証期間中に取扱説明書に従った正常なご使用状態で故障した場合に、
保証書記載内容に基づき保証いたします。
詳しくは、製品に同梱の保証書をご確認ください。

仕様(スペック)

形名 WR14VE WR16SE
締付能力 普通ボルト mm M10〜M18 M12〜M22
高力ボルト mm M8〜M14 M12〜M16
最大締付けトルク N ・m
(kgf・cm)
250(2,550) 360(3,670)
先端形状 mm 四角ドライブ 12.7
無負荷回転数 最強 min-1
(回/分)
0〜2,100 1,600
0〜1,800 1,400
0〜1,600 1,300
0〜1,400 1,100
打撃数 最強 min-1
(回/分)
0〜2,700 1,900
0〜2,300 1,700
0〜1,900 1,500
0〜1,500 1,300
電源 Hz 単相交流 50/60
電圧 V 100
電流 A 4.8 5.0
消費電力 W 380 400
コード m 2心・5 / (SC)は10 2心・2.5
機体寸法(全長×高さ) mm 210×240 228×260
質量 kg 2.0(コード、フック除く) 2.5(コード、フック除く)
振動3軸合成値※ m/s2 13.2 17.0
標準付属品:ケース・六角ソケット19mm(Oリング、ピン付)

※振動3軸合成値は、EN60745-2-2規格に基づき測定しています

カタログダウンロード(カタログの内容は2014年7月現在のものです)

  • 掲載製品の希望小売価格は予告なく変更になる場合がございます。
  • 製品の色はご覧になるモニターの環境によっては実際の色とは若干異なる場合がございます。
  • 製品の仕様及び外観などは改良等のため予告なく変更する場合がございます。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。