Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

  • ねじ打機
  • WF4AR3(スピード優先モデル/仕上がり優先モデル)
作業効率を高める機能を搭載!カムアウト低減+マフラ搭載
ねじ打機:WF4AR3
  • 鋼製下地・木下地兼用
  • 2×4・軸組ボード用
  • ねじ長さ:25〜41mm
形名 希望小売価格
(消費税別)
モデル 備考
WF4AR3(S) ¥ 92,000 スピード優先モデル シャンパンゴールド、ケース付
WF4AR3 ¥ 92,000 仕上がり優先モデル シャンパンゴールド、ケース付
  • 使い方で選べる2つのモデル

スピード優先モデル(短いねじ):〜32mmねじの使用が多く、より早い作業を求めるユーザー向け
仕上がり優先モデル(長いねじ):41mm・DTSNねじの使用が多いユーザー向け

特長/形名 ねじの種類と相性(★:最適、◎:適、○:対応可)
打ち方 25mm 28mm 32mm 41mm DTSN
32/41mm
スピード優先モデル(短いねじ)
WF4AR3(S)
早打ち
超早打ち
仕上がり優先モデル(長いねじ)
WF4AR3
早打ち
超早打ち

注:(S)仕様で41mm・DTSNねじをご使用の場合は「強モード」をおすすめ致します。また、上表はねじや下地等の条件により異なる場合があります。

  • カムアウト低減で仕上り向上&ビットの寿命向上
スピード優先モデルはビット押付力15%アップ、仕上がり優先モデルはビット押付力30%アップ ビット押付力アップ※によるカムアウト低減で作業性向上。
※当社従来機種WF4AR2との比較
  • マフラ搭載特許出願中
マフラ搭載 オイル吸収フィルタ内蔵により、排気中のオイルをキャッチ。石こうボード等への汚れを軽減します。
  • 反動低減で長いねじもらくらく締付け:仕上がり優先モデルのみ(WF4AR3)
打撃と押付けのタイミングを最適化。
反動を低減するとともに、材料に軽く押し付けるだけで41mmねじもらくらく締付けできます。
  • DTSN(JIS規格ねじ)対応
ねじの種類に合わせたビットの交換が不要。
WF4AR3専用ビット1本で全種類のねじに対応。DTSNもビット交換なしで締められます。
  • パワー2段切替機構特許
低反動の「一般モード」とパワフルな「強モード」が下地材に合わせて切替可能です。
パワー2段切替機構
  • らくらくビット交換特許
らくらくビット交換
付属の専用工具を使って、現場でも本体を分解せずにビットの交換が可能です。
※ビット交換時は必ずエアホースを外してください。
新しいビットのねじ部に付属の油を塗布してから交換してください。
  • ガード付透明スクリュガイド特許
ガード付透明スクリュガイド 透明スクリュガイドと透明マガジンの採用でねじの残量がわかりやすく作業途中でのねじ切れを防止します。
  • 安定ガイド装着可能
安定ガイド装着可能 マガジン下部に取り外し可能な「安定ガイド」(別売部品)を装着することで、ねじ締め時の本体の振れを抑え、安定した作業が行えます。
  • エアダスタ機構搭載
エアダスタ機構搭載
エアガンを使用せず現場の床面掃除が簡単に行えます。
  • 木下地から鋼製下地まで幅広い用途に対応
カラーねじ、鋼製下地、石こうボード2枚張り(木下地)、合板張り(フレキねじ)などに対応

仕様(スペック)

使用ねじ 軸径 mm ø 3.5〜4.2
長さ mm 25〜41
ねじ連結方式 ロール連結
ねじ装てん本数 本/巻 100
使用空気圧力 MPa(kgf/cm2 0.59〜0.78(6〜8)
機体寸法(長さ×高さ×幅) mm 290×305×125
質量 kg 1.9
使用エアホース内径 8.5mm以上
標準付属品:ケース・ビット(No.2プラスドライバビット)・ノーズキャップ・保護メガネ・ビット交換工具・油さし

別売部品

品名 コードNo. 希望小売価格(税別) 適用機種
プラスビットNo.2(5本入り) プラスビットNo.2 0088-8719 ¥ 3,000 WF4H3/(S)・WF4AR3/(S)
安定ガイド 安定ガイド 328428 ¥ 1,000 WF3H・WF4H3/(S)
WF4AR3/(S)・WF4AR2・WF4H2
ビット交換工具 ビット交換工具 884538 ¥ 920 WF3H・WF4H3/(S)
WF4AR3/(S)・WF4AR2・WF4H2
(旧形)WF4AR・WF4H

カタログダウンロード(カタログの内容は2016年2月現在のものです)

  • 掲載製品の希望小売価格は予告なく変更になる場合がございます。
  • 製品の色はご覧になるモニターの環境によっては実際の色とは若干異なる場合がございます。
  • 製品の仕様及び外観などは改良等のため予告なく変更する場合がございます。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。