Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

  • 高圧エアコンプレッサ
  • EC1245H3
高圧エアコンプレッサ:EC1245H3画像
  • ブラシレスモーター
  • 最高圧力:45気圧
  • タンク容量:8L
  • 2年保証
形名 希望小売価格
(消費税別)
セキュリティ機能 高圧専用 一般圧専用
EC1245H3 (TN) ¥ 168,000 - - -
EC1245H3 ¥ 171,000 - -
EC1245H3 (S) ¥ 170,000 - -
EC1245H3 (N) ¥ 168,000 - -
  • 低騒音
  • トップクラス※の低騒音:62dB(パワーモード時)
・新形高トルクモーターの開発により性能を維持しながら低回転化を実現

   回転数のイメージ
回転数イメージのグラフ

※2017年8月現在。国内電動工具メーカーにおいて(当社調べ)(高圧エアコンプレッサ)
  • 高耐久
  • 点検時期お知らせ:1,200時間 ※
内部構造(モーター部)の画像 ・コンピュータ解析による最適構造の実現
・特殊コーティングシリンダ採用
・耐久性の高い主要部品

※各種部品の高耐久化により、長く性能を維持してお使いいただけます(点検時期お知らせLED点灯後は、性能維持のために点検にお出しください)
  • 大容量:360L(タンク内空気量45気圧×8L)
  • パワフルなDCブラシレスモーターで効率的に充填
90mm釘の連続釘打ち本数:約110本 90mm釘の連続釘打ち本数:約110本
減圧弁を2.0MPaにセットし、空気タンク内圧力が
2.0MPa以下になるまでの連続釘打ち本数を測定。

・使用釘打機:NV90HR(強モード)(空気消費量2.4L / 本)
・使用釘:N90 / VS3890J
・打込み速度:2本 / 秒
・打込み相手材:木材(米ツガ下地+12mm合板)
  • 作業に合わせた3つの運転モード
 
運転モード こんな時に 用途 最高
圧力
(MPa)
最大
回転速度
(min-1
パワーモード 空気をフルで供給 大量の
エアが必要な時
ねじ打機
エアインパクト
50〜90mm釘打機
4.4 1,900
オートモード 空気消費量に合わせて
適時起動
在来建築等50mm釘打機
一般圧釘打機
4.4 1,900
静音モード 低騒音・寿命向上 早朝・夜間の内装
リフォーム等
タッカ
仕上釘打機
3.2 1,800
  • 選べるセキュリティ機能付:(TN)(S)(N)は不付特許出願中
  • セキュリティタグで[有効/無効]の切替え可能
運転回数を制限することができ、盗難抑止に役立ちます。
※主電源(プラグの抜き差し)の投入回数。回数制限はセキュリティタグでリセットできます。
セキュリティタグ貼り付け例
もしもの時に…
セキュリティタグを忘れても回数制限(6回)までは使用可能。
※回数制限を超えるとロック状態になり、使用できなくなります。解除にはセキュリティタグが必要です。
※所持品などに貼付けてご使用ください。金属表面および金属部分の近くに貼付けると、セキュリティの操作ができなくなります。
セキュリティタグを忘れても6回までは使用可能

  • 持ち運びに便利
  • 片手で持てる小形・軽量ボディ
手持ち・肩掛け※ 軽量13.5kg
※ ショルダーベルトを使用する際は、ハンドルをしっかりつかみながら運搬してください。
  • 電源コードを巻き付け収納特許
本体背面の巻き付け収納部 電源コードを本体背面に収納でき、持ち運びに便利です。
  • 収納時に便利な可倒式ハンドル
可倒式ハンドル 180°可動できるハンドルで、コンパクトに収納が可能です。
  • 連結時の同期運転制御特許
連結時の運転の片寄りを改善した確実な同期運転でパワーを最大限に発揮します。
(EC1245H3、EC1245H2、EC1445H3、EC1445H2同士の連結でのみ有効)
  • 操作性の良い斜め配置カプラ
  • 作業性の良い2.5mコード
電源コードは仮設電源の高さに丁度良い少し長めの2.5m

  • 信頼の日立工機国内工場製「さわモデル」
日立工機が開発・生産を行う「高圧エアコンプレッサ」は、当社のマザー工場である佐和工場(茨城県ひたちなか市)で生産されます。
佐和工場は、高度な生産技術と品質管理で高機能・高品質な製品を多数生産しており、徹底した品質管理のもと、信頼性を備えた製品として出荷されています。
また、コンプレッサに関する教育を受けた認定サービスマンを全国に配置。責任を持って製品をメンテナンスし、お客様に長期間安心してお使いいただけるようサポートしていきます。
  • 製品2年保証(高圧エア工具)
高圧エア工具製品2年保証 ユーザー登録により、2年または実稼働1,200時間のどちらか先に到達するまで保証されます。条件により適用されない場合があります。
詳しくは「2年保証製品」ユーザー登録ページをご覧ください。

  • エア不足を解消
  • エアコンプレッサ2台連結可能※

※連結には、専用ホースを必ずご使用ください(他のホースは使用できません)

EC1245H3
EC1445H3
接続用カプラセット
(カプラ接続用継手
+接続用カプラ)
連結エアホース 接続用カプラセット(カプラ接続用継手
+接続用カプラ)
EC1245H3
EC1445H3
高圧専用エアタンク
接続口付属
メス:4.4MPa オス:4.4MPa×
オス:4.4MPa
メス:4.4MPa 高圧専用エアタンク
接続口付属
EC1245H3
EC1445H3
接続用カプラセット
(カプラ接続用継手
+接続用カプラ)
連結エアホース 接続用カプラ EC1245H2
EC1445H2
高圧専用エアタンク
接続口付属
メス:4.4MPa オス:4.4MPa×
オス:4.4MPa
メス:4.4MPa 高圧専用エアタンク
接続口付属
EC1245H3
EC1445H3
接続用カプラセット
(カプラ接続用継手
+接続用カプラ)
連結エアホース 接続用カプラ EC1245H(旧形)
EC1445H(旧形)
高圧専用エアタンク
接続口付属
メス:4.4MPa オス:4.4MPa×
オス:4.4MPa
メス:4.4MPa 高圧専用エアタンク
接続口付属
別売部品 コードNo. 希望小売価格
(消費税別)
接続用カプラセット
(カプラ接続用継手+接続用カプラ)
1個 接続用カプラセット画像 889226 ¥ 5,300
接続用カプラ 1個 接続用カプラ画像 0088-7134 ¥ 4,500
連結エアホース 2m 連結エアホース画像 0088-7052 ¥ 13,000
  • 高圧エアタンク(補助タンク)連結可能※
  • 高圧・一般圧対応の2減圧弁搭載(タンク容量5.5L)

※本体と高圧エアタンクの接続には専用ホースを必ずご使用ください(他のホースは使用できません)

EC1245H3
EC1445H3
カプラ接続用
継手
接続用カプラ
UA545H2同梱
補助タンク用
ホース
(本体付設) UA545H2
UA545H(旧形)
高圧専用エアタンク
接続口付属
- メス:4.4MPa オス:4.4MPa
×
メス:4.4MPa
オス:4.4MPa -
別売部品 コードNo. 希望小売価格
(消費税別)
カプラ接続用継手 1個 カプラ接続用継手画像 886760 ¥ 1,500
補助タンク用ホース 2m 補助タンク用ホース画像 0088-6620 ¥ 13,000
10m 0088-6723 ¥ 17,000

仕様(スペック)

形名 EC1245H3/(TN) EC1245H3(S) EC1245H3(N)
電源 V 単相交流100(50/60Hz共用 ※1)
モーター 直流ブラシレスモーター
消費電力 W 1,200
空気タンク内最高圧力 MPa(kgf/cm2 4.4(44.9)
運転制御圧力 ON圧力 MPa(kgf/cm2 4.0(40.8)※2
OFF圧力 4.4(44.9)※2
取り出し可能圧力 一般圧 MPa(kgf/cm2 0〜約0.8
(0〜約8.2)
- 0〜約0.8
(0〜約8.2)
高圧 0〜約2.5(0〜約25.5) -
回転速度 min-1 最大1,900(1,900回/分)※2
吐出し空気量※3 0.7MPa
(7.1kgf/cm2
L/min 85(ISO1217(JIS B 8341)による測定値)※2
2.3MPa
(23.5kgf/cm2
70(ISO1217(JIS B 8341)による測定値)※2
空気タンク容量 L 8
外形寸法(幅×奥行×高さ) mm 430×350×352
質量 kg 13.5
騒音値 ※4 dB 62(静音モード:59)
空気取出し口 一般圧 カプラ×2 - カプラ×4
高圧 高圧カプラ×2 高圧カプラ×4 -
コード m 3心・2.5  3P可倒式プラグ付
標準付属品 ショルダーベルト

※1:エンジン発電機や直流電源、昇圧器などのトランス類では使用しないでください。
(当社インバータ制御付エンジン発電機で、定格出力2.0kw以上のものは除く)
※2:パワーモード時
※4:騒音値は、全負荷運転時に測定した値です

  • ※3 吐出し空気量の測定方法が変わりました
    容積形圧縮機の試験規格ISO1217(JIS B 8341)による測定値


カタログダウンロード(カタログの内容は2017年8月現在のものです)

  • 掲載製品の希望小売価格は予告なく変更になる場合がございます。
  • 製品の色はご覧になるモニターの環境によっては実際の色とは若干異なる場合がございます。
  • 製品の仕様及び外観などは改良等のため予告なく変更する場合がございます。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。