Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

クームステストの血球洗浄処理を自動的に行うことができます

MC400/MC401/MC402 をご使用のお客様へ
保守部品供給中止のお知らせと、安全にお使いいただくための点検のご案内

特長

  • クームステストの血球洗浄処理を自動的に行うことができ
    手操作に比較して労力と時間を大幅に軽減
  • 新ディストリビュータの採用で、試験管の脱着が簡単です
  • インナーチャンバの採用で、ドレインカバーとチャンバーの清掃が簡単です。汚れや黄ばみがひどくなった場合は簡単に交換できます※1
  • ドレンカバーも工具なしで簡単に取外しができ、試験管破損時の清掃も楽になりました※2
  • デカント回転速度は従来の2段階から7段階までの設定が可能となり、洗浄後の生食残量を調整して血球のドライ度アップが図れます。
  • アジテーション(揺動撹拌)機能の搭載により、マニュアル遠心前に自動で混和動作を行います。
    また、アジテーションは従来より強化され1秒から99秒まで時間設定が可能です。
  • 最終サイクル時の運転プロセスに軽遠心処理を追加し、試験管壁面の血球を確実に底へと落とします。
  • ストップ時にメロディ(5種類)とブザー音を選択できます。
  • 電磁ドアロック採用により運転中も安全です。
  • 国際安全規格IEC61010(低電圧指令)、IEC61326(EMC指令)に対応した高い安全性を達成しています。
  • ※1:
  • インナーチャンバ/パーツNo.S204755A/標準価格 ¥ 16,100
  • ※2:
  • パーツNo.S204755A/標準価格 ¥ 53,000

仕様(スペック)

検体数 24本
試験管サイズ ø12×75mm
回転速度
(遠心管底部の遠心加速度)
洗浄:1,200rpm(190×g)
遠心:3,000rpm(1,180×g)
デカント:350〜500rpm
タイマー表示 AUTO:1〜99秒(1秒きざみ)
MANUAL:1〜999秒(1秒きざみ)
サイクル設定 1〜9回
1サイクル時間 60秒(AUTOでの遠心時間35秒)
駆動モータ 300W シリースモータ
プロセス表示 4段階表示
マニュアルスピード 3,000rpm(HIGH)/ 1,200rpm(LOW)
停止ブザー 5種類のメロディと電子ブザーおよび
停止ブザー音なしの7通りから選択
安全装置 ドアインターロック、デュアルオーバースピード検出、
生理食塩水液面検知
本体寸法(W×D×H) mm 370×450×410
質量 kg 29
電源 AC100V±10V 50/60Hz 10A
希望小売価格(消費税別) ¥ 1,980,000

※MC450は一般医療機器です(届出番号: 08B3X00002000028)


原理

豊富なローターと、多才な機能を搭載
PROCESS 名称 機能 状態
(1) STARTWASH
(洗浄)
ローター回転速度が1,200rpmに達した時点で、一定量の生理食塩水がポンプによりディストリビュータに送り込まれます。生理食塩水はディストリビュータから遠心力で勢いよく、各試験管に注入されます。この時、試験管内の血球は生理食塩水で十分に懸濁されます。
(2) CENTRIFUGE
(遠心)
血球の遠心処理を行います。遠心時間は35secが標準ですが、設定可能です。
(オーバーフロー設定時) 減速直前に再度生理食塩水を注入し、試験管よりオーバーフローさせます。 過剰な生理食塩水を注入することで試験管全体を十分に洗浄することができます。
(3) DECANT
(デカント)
磁力により、ローターのホルダーを上端が若干開いた確度で保持し、低速で回転します。 試験管内の生理食塩水のみ上方より排出され、血球が残ります。
(4) AGITATE
(揺動)
ローターを小刻みに回転、停止を繰り返します。試験管に残った血球をほぐします。
(5) CENTRIFUGE
(遠心)
約5秒間ローターを回転し、試験管壁面に付いた血球を底面に集め、クームス試薬等との反応を確実にします。 洗浄サイクルの最終工程で行います。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。