Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

High Capacity Centrifuge

大容量ローター

  • アングルローター:R7A(1Lx6本)
アングルローター:R7A
  • 最大呼称容量:6L(1Lx6本)
  • 最大実容量:5.4L(900mLx6本)
  • 最高回転速度:7,000rpm
  • 最大遠心加速度:11,100xg
  • アルミニウム合金製軽量ローターボディー:18.7kg
    (スリムカットローター)
  • ボトルの材質を2種類用意し、幅広いアプリケーションに対応(PC:1000PCボトル、PA:1000PAボトル)
  • スイングローター:R5S2(1Lx6本)
スイングローター:R5S2
  • 最大呼称容量:6L(1Lx6本)
  • 最大実容量:5.4L(900mLx6本)
  • 最高回転速度:4,200rpm
  • 最大遠心加速度:5,150xg
  • ボトルの材質を2種類用意し、幅広いアプリケーションに対応(PC:1000PCボトル、PA:1000PAボトル)
  • MAPバケット(別売)の使用により、400ml CPD-MAP血液バッグに対応可(1バッグ/バケット)
  • 広口タイプ:1000PPボトル・1000PCボトル
  • 遠心後の沈殿物回収やボトル洗浄を容易にする広口タイプボトル(ボトル径:当社従来品に比べ1.7倍)
  • ボトルの材質をPPとPCの2種類用意し、幅広いアプリケーションに対応
  • ローターへの出し入れがしやすい専用キャップ
広口タイプ:1000PPボトル・1000PCボトル
  • 血液バッグ専用スイングローター:R4SS2
血液バッグ専用スイングローター:R4SS2
  • 容量:1つのバケットに400mlCPD-MAPバッグを2つセットすることが可能(合計8バッグ/ローター)
  • 最高回転数:4,400rpm
  • 最大遠心加速度:5,350xg
  • バケットのデザインを見直し長寿命化(特許出願中)
  • 別売りシールドバケットを用意(近日発売)

使いやすさと安全性

  • カラー液晶タッチパネル
黒を基調とした視認性の高い画面デザイン。直感操作の判りやすいアイコンメニュー。

カラー液晶タッチパネル
  • プログラム運転
プログラム運転 一定遠心条件を頻繁に用いる場合、運転条件を本体に登録し呼び出して運転することが可能です。このプログラム運転は30件のメモリーに加え、3件の3ステップ運転にも対応可能です。
  • Pre-Cool機能(特許)
Pre-Cool機能 ローターが実装されていない時、設定温度が15℃より高い場合はチャンバー内の温度を15℃に温度制御し冷し過ぎを防ぎます。この機能により待機消費電力の削減が可能です。(ローターが実装されている時は、設定温度に制御します。)
  • オートスタンバイ機能(省電力ECO設定機能)搭載
オートスタンバイ機能(省電力ECO設定機能)搭載 設定した待ち時間LCDパネルに触れないでいると、液晶バックライト減光・冷凍機OFF(運転時除く)を行い、待機時の消費電力を削減します。ボタンひとつで省エネすることが可能です。
  • ユーザー管理
ユーザー管理 最大50人までユーザー(使用者)を登録することが可能です。ユーザー毎にログイン時に必要な暗証番号(数字4桁)とアクセスレベル(3段階:User, Supervisor, Administrator )を設定します。
  • ユーザーロックアウト
ユーザーロックアウト 使用者(ユーザー)を本体に登録されて使用者に制限する機能です。
この機能を有効にすると、運転する際には登録された暗証番号でログインする必要があります。
  • CEマーキング適合の安全性
CEマーキング適合の安全性 国際規格の定める安全性に適合した設計で、多彩な機能と使いやすさに加え安全性も重視した製品です。


表示灯(オプション)

表示灯 オプションの表示灯を接続することにより、本体から離れた場所でも運転状況(停止・加速・整定・減速・警告)を目視することが可能です。表示灯には高輝度なLEDランプを採用し、可視性を高めています。製薬工場などの生産現場で使用する際に便利なオプションです。

(写真:全色点灯時のイメージ合成)


データ通信と運転記録管理

  • USBポート(オプション)
USB オプションにてUSBポートを用意しています。本体に記録された最大100件の運転履歴をCSV形式によってUSBポートから出力することが可能です。 (記録された最大100件の運転履歴は操作画面上でも閲覧可能です。)
  • LANポート(オプション)
オプションにてLANポートを用意しています。インターネット回線を介して本体をPCへ接続することが可能です。別売りの運転実績管理ソフト「himac LogManager Ver.4.1 for Windows ® (Network Edition)」をPCへインストールすることにより、PC上にて本体の運転実績を管理することが可能です。
  • 運転実績管理ソフト「himac LogManager Ver.4.1 for Windows® (Network Edition)」(オプション)
「himac LogManager Ver.4.1 for Windows® (Network Edition)」によりPC上でCR7Nの運転実績を管理することが可能です。一つのソフトに対して、インターネットを介して最大16台の日立遠心機を接続することが可能で、複数機種の同時接続にも対応しています。(対応機種:超遠心機CP-NXシリーズ・CP-WXシリーズ、小形超遠心機CS150NX・CS150FNX、高速冷却遠心機CR22N)
このソフトはリアルタイムな運転実績管理に対応しており、設定したインターバル(10秒間隔から5分間隔まで)毎に運転状況を記録し管理することが可能です。もちろんU.S. FDA. 21 CFR Part 11にも準拠しており、皆様のcGLP/cGMP対応を支援いたします。

Compatible OS;
対応OS:Windows® 7 and Windows® 8
Windows®, Windows® 7 and Windows® 8 are registered trademark of Microsoft Corporation in the United States and other countries.

運転実績管理ソフト



仕様(スペック)

最高回転速度 7,000 rpm
最大遠心加速度 11,100 xg (R7Aローター)
最大呼称容量 6,000 mL (R7Aローター及びR5S2ローター)
速度制御範囲 300〜7,000 rpm
温度制御範囲 -20〜+40 °C
タイマー "min:sec" 設定時 : 1秒〜99分59秒、(1秒・1分きざみ)、Hold付
"hr:mm" 設定時 : 1分〜99時間59分(1分・1時間きざみ)、Hold付
加速・減速設定 加速9段階、減速9段階+ブレーキフリー(自然減速)
プログラム運転 30件登録可能、RCF(xg)、RTC(リアルライムコントロール)、g・sec機能
ロックアウト機能
使用実績管理機能
駆動部 インダクションモーター(インバーター制御)
冷凍機 全密閉型(インバーター制御、冷媒:R410A)
安全装置 インバランス検出、ドアインターロック、漏電ブレーカー(感度電流30mA)ローターのオーバースピード検出 他
画面表示と操作 タッチパネル機能付きカラー液晶ディスプレイ
適合規格 CEマーキング適合
低電圧指令・機械指令: EN61010-1 and EN61010-2-020
EMC(Electromagnetic compatibility)指令 : EN61326-1
本体寸法 730 (W) x 845 (D) x 928 (H) mm
(リアダクト取付時※2 : 730 (W) x 948 (D) x 928 (H) mm)
(チャンバ入口までの高さ : 869 (H) mm)
(オプション表示灯取付時の高さ : 1,250 (H) mm)
本体重量 320 kg
電源 AC200V +/-10%単層、30A、50/60Hz
使用環境 使用環境温度:室温2〜40ºC
性能保証温度:室温15〜25ºC
  • ※1:液晶パネル非常に精密度の高い技術で作られていますが、画素欠けや常時点灯する画素が見える場合がありますので予めご了承ください。また有効ドット数の割合は99.97%以上です。
  • ※2:CR7Nを複数台並べて使用する場合、互いの排気の影響で冷却能力が低下する恐れがあります。このような場合はオプションのリアダクトを取り付けることをお勧めします。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。