Skip to main content

Hitachi

Hitachi Koki Co.,Ltd.

バイオハザード対策用キャビネット

バイオハザード対策用キャビネットの分類

バイオハザード対策用キャビネット(以下、キャビネット)は作業台内の実験操作中に発生するエアロゾルが外部へ拡散しないようにしたものです。
キャビネットは構造により大きく分けて大きくクラスⅠ、Ⅱ、Ⅲに分類され、それぞれ下表に示す特長があります。バイオハザード対策の設備レベルと扱う生物材料に応じてお選びください。

  • クラス分類
クラス クラスⅠ クラスⅡ クラスⅢ
構造 クラス1 クラス2 クラス3
設備 P2、P3レベル P4レベル
特長
比較
  • 実験者への感染抑制の性能がよい。
  • キャビネット内には外部雑菌が混入するので、菌の抑制操作を必要としない実験に適する。
  • 実験者への感染抑制とキャビネット内の清浄度の性能に合わせ持つ。
  • 気流方式により、タイプA2、Cの2種類(日立の型式分類)がある。
  • 一種病原体の生物材料を取り扱うことができ、信頼性は最も高い
  • 密閉形のため操作性はかなり制限される。
主要
試験
項目
  • 風速・風量試験
  • HEPAフィルター透過率試験
  • (NSF及びJIS)規格
  • 気流バランス試験、気密度試験
  • 風速・風量試験、HEPAフィルター透過率試験
  • 気密度試験
  • HEPAフィルター透過率試験


  • クラスⅡのタイプ分類
クラスⅡは構造や気流方式によって4つに分類されます(JIS K3800:2009の分類)


日立の
型式分類
- A2 - C
JISの
分類
A1 A2 B1 B2
構造
用途 生物材料及び不揮発有害物質
(少量揮発性物質、ガスの取扱い含む)
生物材料及び相当量の揮発性有害物質の取扱い
J
I
S
気流方式 一部循環一部排気 全排気
循環気率 70% 50% 0%
排気 室内排気、少量の揮発性物質・ガスの使用時には、開放式接続ダストによる室外排気 密閉式ダクトにより室外排気
正圧汚染
プリナム
負圧又は負圧プリナムで囲む 負圧又は負圧プリナムで囲まれる 汚染プリナムは全て負圧囲
気圧
バランス試験
枯草菌芽胞を噴霧し検査
本体
気密度
正圧維持法によって30分後の内圧低下が10%以内。
他石けん法、ヘリウムガス法、六フッ化硫黄ガス法
HEPA
効率
0.3µm粒子で99.99%以上
流入風速 0.4m/s以上かつ、気流バランス試験合格風速 0.5m/s以上かつ、気流バランス試験合格風速
下向風速 メーカ選定風速値による

※バイオハザード対策用キャビネットは、日立アプライアンス株式会社製です

キャビネットの特長

  • クラスⅡ Aタイプ
作業空間を負圧で囲むバイオハザード対策用キャビネット(特許)
・作業開口高さは、200mm、250mmを選択できます
・風速、殺菌点灯残り時間、殺菌灯点灯積算時間デジタル表示
・選択可能な殺菌灯自動消灯時間(15・30・60・120・240分・連続から選択)
・自社試験設備による、JIS/NSF試験方式に基づく気流バランス試験

バイオハザード対策用キャビネット

  • デジタル表示・操作パネル表示部

デジタル表示・操作パネル表示部

s (A)風速表示(運転時)
(B)殺菌灯点灯残り時間(1分単位でカウントダウン)
(C)殺菌灯点灯積算時間(点灯開始10秒間10時間単位で表示)

@運転表示灯(運転時:点灯、予備運転時点灯)
AHEPAフィルター目詰まり時バックアップ運転表示灯
Bガスバーナー使用表示灯
C流入/作業台内風速表示切換え(運転中は流入風速を表示)ON中作業台内風速表示
D殺菌灯自動消灯選択(15,30,60,90,120,240分…連続)
E殺菌灯自動消灯時間(時間変更時)
F運転スイッチ
G照明灯スイッチ(照明灯→殺菌灯→消灯の選択)
Hガスバーナー使用スイッチ(ファン運転とインターロック付き)
IブザーOFFスイッチ(警報の一時停止)
J殺菌灯自動消灯時間決定スイッチ
  • ラインナップ
搬入時の製品高さは1,970mmです。
型式 SCV-1008ECⅡA2 SCV-1308ECⅡA2 SCV-1608ECⅡA2 SCV-1908ECⅡA2
SCV-1008EC SCV-1308EC SCV-1608EC SCV-1908EC
外形寸法
W×D×H(mm)
1,200×780×2,030 1,500×780×2,030 1,800×780×2,030 2,150×780×2,030
室内寸法
W×D×H(mm)
1,000×600×675 1,300×600×675 1,600×600×675 1,950×600×675
電源 単相交流 100V
消費電力
作業間口
200/250
265/240(310) 300/270(330) 450/400(510) 520/240(480)
質量(kg) 240 260 340 380
希望
小売価格
(消費税別)
¥ 1,400,000 ¥ 1,480,000 ¥ 1,930,000 ¥ 2,350,000

(  )内は増速運転時の値です
※詳細は、日立バイオハザード対策システム・機器カタログをご覧ください


  • バイオハザード対策用全排気型クラスⅡキャビネット
設置上の注意
排気は必ず屋外排気としてください。
給排気のバランスのため、設置室内にはキャビネット排気量に見合う空気量を供給することが不可欠で、空調条件を事前に検討することが重要です。
型式 SCV-803ECⅡAG SCV-1303ECⅡAG SCV-1903ECⅡAG
外形寸法
W×D×H(mm)
1,000×800×2,300 1,500×800×2,300 2,150×800×2,300
室内寸法
W×D×H(mm)
800×610×675 1,300×610×675 1,950×610×675
電源 単相交流 100V
消費電力
50-60Hz(W)
310/420 460/630 680/860
質量(kg) 320 370 550
希望小売価格
(消費税別)
¥ 2,070,000 ¥ 2,700,000 ¥ 3,525,000

※詳細は、日立バイオハザード対策システム・機器カタログをご覧ください。

  • 室外排気で使用される場合には別途ダクト工事が必要です。
    また、本体標準価格にはダクト工事関連費用は含まれていません。
  • クラスⅡキャビネットは、設置後・使用開始前及び年に1回の定期点検が必要です。
    点検費用は本体価格に含まれていません。
  • 掲載されている価格はすべて小売希望価格です。
  • メーカー希望小売価格には、消費税、配送費、試運転調整費、工事費などは含まれておりません。

バイオハザード対策用キャビネットとクリーンベンチの違い

外観が似ているバイオハザード対策用キャビネットとクリーンベンチですが、その目的・用途はまったく異なります。

バイオハザード対策用キャビネットとクリーンベンチの違い