himac APPLICATION
No.99 DECEMBER 1999
  • 機種:ゲノム解析用MG768形プラスミドDNA抽出システム

全世界で進められている様々な生物のゲノムシーケンスには、一度に大量のシーケンスが行なえるキャピラリーシーケンサがたいへん有効となっています。それに伴い、シーケンスのサンプルであるプラスミドDNAの大量処理が求められてきました。MG768形プラスミドDNA抽出システムは、96穴ディープウェルプレート1枚を1時間で処理、8時間の連続運転で最大768サンプルのプラスミドDNAを抽出できます。本装置により抽出したプラスミドDNAをキャピラリーシーケンサでシーケンスした例について報告します。

1. 結果

*シーケンサ: ABI PRISM 3700 DNA Analyzer
*サンプル量: 1μl/50μ
*反応試薬: ABI PRISM(R) BigDye TM Terminator Cycle Sequencing Reaction Kit with AmpliTap(R) DNA Polymerase, FS (PE Biosystems)
*泳動条件: 3700 POP-6TM , 1×3700 Running Buffer

  • (参考資料)
  • himac APPLICATION No.98

本アプリケーションは、北里大学/理化学研究所ゲノム科学総合研究センター 服部正平先生との共同研究によるものです。