himac APPLICATION
No.89 JULY 1999
  • 機種:CS-GXシリーズ分離用小形超遠心機
  • S80AT3形アングルロータを用いたヒト血清からのリポタンパク質の分離

血清中に含まれているリポタンパク質は脂質の代謝に密接な関係があり、高脂血症に関する研究分野で注目されています。
ここでは小形超遠心機に実容量5.3mlの6PCアツチューブを用い、ヒト血清中からリポタンパク質の段階的な分離を行いました。
チューブ1本あたり血清を3.4ml分離でき、大型の超遠心機による場合に近い条件での分離が可能です。
比重液の調製法等については参考文献によりました。詳細および注意については、当書を参照してください。

1. 使用機種

遠心機:日立CS-GX形分離用小形超遠心機
ロータ:S80AT3形アングルロータ
チューブ:6PCアツチューブ

(1) VLDLの分離(ρ<1.006g/cm3

(2) IDLを含むLDLの分離(1.006g/cm3<ρ<1.063g/cm3

(3) HDLの分離(1.063g/cm3<ρ<1.21g/cm3

比重液A*1:1.006g/cm3,比重液B*2:1.182g/cm3,比重液C*3:1.478g/cm3


1:分離前の血清
2:VLDL画分
3:LDL画分
4:HDL画分

*1: 比重液:NaCl 11.40gとEDTA‐Na20.1gを1,000mlのメスフラスコに入れ、蒸留水500mlと1N NaOH 1mlを加えて、
      よく混じて溶解させる。ついで蒸留水で1,000mlとし、さらに蒸留水を3ml加える。 (NaCl:0.195mol)
*2: 比重液B:NaBr24.98gを100mlの比重液Aに加える。 (NaCl:0.195mol、NaBr:2.44mol)
*3: 比重液C:NaBr78.32gを100mlの比重液Aに加える。 (NaCl:0.195mol、NaBr:7.65mol)
*4: ポリアクリルアミドゲルリポプロテインディスク電気泳動試薬;リポフォー(常光)

  • (参考文献)
  • 生化学実験講座第9巻“脂質の代謝”,p.454−456(東京化学同人)