himac APPLICATION
No.75 MARCH 1997
  • 機種:高速冷却遠心機用R5E形エルトリエータロータ
  • エルトリエータ細胞分離システムを用いて小型のクロレラと大型のクロレラ及びクロレラに混在している微小な藍藻類を分離した例

目的

エルトリエータ細胞分離システムは遠心力だけではなく、遠心力に対抗する流れの力との二つの力を利用して、細胞レベルの大きさのもの(1〜50μm程度)を分離するシステムです。
このシステムを利用すると、遠心力だけでは難しい細胞のサイズごとの分離が可能となります。これを応用して小型のクロレラと大型のクロレラ及びクロレラに混在している微小な藍藻類を分離しました。

分離結果

(1) フラクション5でクロレラAが純度80.6%で得られました。
(2) フラクション7でクロレラBが純度80%で得られました。


実験方法

  • (1)
  • サンプル:クロレラA(細胞径2.4〜4.2μm)とクロレラB(細胞径4.2〜6.9μm)と藍藻類(細胞径0.9〜2.4μm)の混合物
  • (2)
  • 細胞数:1×108
  • (3)
  • 分離用バッファ:滅菌蒸留水
  • (4)
  • 分離条件

フラクション
No.
回転速度
(rpm)
流量
(ml/min)
分画時間
(min)
分画量
(ml)
1 4,000 3 10 30
2 3,500 3 5 15
3 3,000 3 5 15
4 3,000 5 5 25
5 3,000 7 10 70
6 3,000 9 10 90
7 3,000 11 9 100
8 3,000 13 10 130
9 3,000 15 10 150
10 0 15 7 100
合計 - - 81 725